埼玉県最大級の養魚場【早稲田の杜のメダカ】



稚魚飼育水槽


成長した稚魚の個体を飼育する水槽

【立地・設備】

当社、飼育場は関越自動車道(本庄・児玉IC)、JR東日本上越新幹線(本庄早稲田駅)から車で、10分圏内に立地しており、交通利便性がよく、遠方からでも集客が見込める最適な場所に飼育場があります。

日本全国のメダカハウスと比べて1,000坪以上ある広大なメダカ飼育場を保有しています。飼育場内には1.8m四方の飼育用水槽が160と小型のメダカ飼育場を2棟完備しています。

飼育場の周りは、田んぼのため、日光を遮る建物等がないため、太陽光が当たりやすく飼育場内の常温状態が保てます。そのため通常メダカは、秋から冬にかけて産卵しませんが、当社では1年中メダカの産卵が可能な環境のため、小型メダカ飼育場で、多品種のメダカの生産と交配が出来ます。

 

 

※観賞魚の病気対策の為、基本的に養魚場の見学は控えさせて頂いております。

 


【代表】

宮澤 健

皆様、はじめまして。早稲田の杜のメダカの店主の宮澤です。

 

2016年に高崎らんちゅうにてらんちゅうなどの観賞魚を販売する傍ら、メダカの養殖販売をしていました。改良メダカを始めたきっかけは、フルボディミユキです。魅力的でかっこいいメダカがあることに衝撃を受けて、いつか本格的にめだかを手掛けていきたいと思いながら日々の業務をこなしてきました。当初はメダカ飼育に試行錯誤の毎日で、なかなか思うようにメダカを増やすことができずにいました。いろんなメダカ屋さんを回っていってメダカは広い飼育場が必要だと思い、2018年に群馬の高崎から埼玉の本庄市のハウスに飼育場を移しました。広大ゆえに、多くのメダカを作ることができてます。今後は多品種のメダカまた自社のオリジナルメダカを作りたいと思ってます。